栃木県が運営するとちぎの就職支援サイト「WORKWORKとちぎ」
とちぎジョブモールとは?
利用案内
巡回相談
能力開発
バウチャー
職業訓練
栃木ものづくり人財バンク
とちぎの企業
企業検索
求人検索
企業求人情報登録
栃木の産業
とちぎ働きやすい企業
企業からのビデオレター
インターネット職業相談
労働相談
若者の自立支援
若者自立支援ネットワーク
若者サポートステーション
リンク集

 

就職活動のポイント

面接場面での自己PR方法について

1.面接の基本(身だしなみ・姿勢・態度・言葉づかい)

 

面接は、就職の成功を左右する最大の山場です。
大方の企業では、面接が採用の決め手となります。
緊張するのは当然ですが、マナーを守って、誠実に的確に応対できるよう、普段から心の準備をしておきましょう。

〜明るく、元気に、さわやかに、礼儀正しく〜

 

2.身だしなみ

 

身だしなみは、面接における重要なチェックポイントです。
面接当日は、身だしなみを整えて出かけましょう。
外見だけで判断されるわけではありませんが、同じ中身なら少しでもよい印象を与えるようにした方が有利です。
やっぱりあの時、キチットしていたら・・・・・などと後悔することのないように、しっかりチェックして出かけましょう。
面接は、やっぱり清潔な印象が大切です。
まず服装でさわやかさをアピールしましよう。スーツ着用が基本です。
新しくなくても、落ち着いた雰囲気のもので、しかもクリーニングし、清潔でプレスのきいたものをキチンと身につけましょう。
意外と見落としがちなのが靴の汚れです。
その他髪型や爪など、身だしなみに注意し、面接前にしっかりチェックしておきましょう。
そのうえで自分らしさが出せれば成功です。
とにかく最低限の礼儀は身に付けて、第一印象を大切にしましょう。

 

3.面接は会社に一歩入ったときからはじまっている

 

選考の中で、面接重視という企業も多く見受けられます。
応募先の会社についた瞬間から、すべての行動がチェックされ、面接が始まっていると考えてもよいでしょう。
また、直接面接する人だけが面接官ではありません。
極端に言えば、受付の人は影の面接官とも言えるし、礼儀正しくしましょう。
フロアを行き交う社員の視線にも要注意です。
面接控え室では、静かに順番を待つようにしましょう。
ペチャクチャとおしゃべりやだらしない格好は禁物です。
いくら面接でうまく受け答えできても、意外なところで見られていることに注意したいものです。
ビジネスマナーを守って、会社を出るまで気を抜かないように注意しましょう。

 

4.面接会場への入室・退室

 

ドアをノックして、中からの『どうぞ』という返答を確認してから入室しましょう。
ドアを閉めるときには、ドアの方に向きなおってから閉めましょう。
ドアを閉めてから、氏名を名乗り、一礼をし、『よろしくお願いします。』とあいさつしましょう。
おじぎは、深すぎず、浅すぎずに。
採用担当者の『どうぞ』という言葉をまってから着席しましょう。
椅子には浅く腰掛け、背筋を伸ばしましょう。
荷物はひざの上か椅子の脇へ置きましょう。
視線はまっすぐ面接官の顔へ向きましょう。
リラックスしすぎないようにしましょう。
必要以上のボディアクションはイヤミになるので気をつけましょう。
面接が終わったら、静かに立ち上がり『ありがとうございました。よろしくお願いいたします。』の
一言は忘れずに。一礼をして退室しましょう。
退室時には、室内に向きなおって、軽く会釈しながらドアを閉めるようにしましょう。

 

5.面接中の姿勢

 

面接時に応募書類を渡すときや、名刺を受け取るときには、『立ち上がり、両手で』がマナーです。
面接中の姿勢は、背筋を伸ばし、手は軽くこぶしを握って両ひざに乗せておくことが望ましいでしょう。
背もたれにふんぞり返ったり、前かがみに座ったりしないように気をつけましょう。
頭を正面に向けて、背筋をまっすぐに伸ばして腰掛けましょう。
足は組んだりしないで、しっかりとそろえましょう。
腕を組んだり、垂らしたりしないようにしましょう。
質問を受ける姿勢が出来たら、面接官全員に向けて軽く会釈し、顔を中央(メイン)の面接官に向けましょう。

 

6.質問中の態度

 

キビキビした動作、シャッキリした姿勢、ハキハキした答え方も採点対象になります。
面接中は、話に応じて手は動かしてもいいが、姿勢を崩してはいけません。
質問を聞くときは、質問をする人の目を見ましょう。
質問されている途中で答え始めないようにしましょう。
答えるときは、質問してきた人だけにでなく、面接官全員にもときどき視線を配るようにしましょう。
大げさな身振り手振りは、控えるように注意しましょう。

 

7.言葉づかい

 

正しい言葉づかいも、重要な身だしなみのひとつです。
学生言葉、仲間内の言葉に気をつけましょう。
『ぼく』『あたし』『自分』ではなく、『わたし』『わたくし』を使うようにしましょう。
『この会社』『お宅』ではなく、『御社』を使いましょう。
会社の正式名称を覚えることも大切です。
語尾を明確に、普段から正しい敬語を身につけておくことも重要です。

 

8.面接の原則

 

(1)明るく、元気に、さわやかに、礼儀正しく。
(2)面接はどの時点から始まっているのか?
(3)質問されるポイント
   志望動機
     志望動機は面接の重要なポイントです。
     面接で必ずといってよいほど尋ねられるのが志望動機です。
      したがって、なんとなく応募したという人は歓迎されません。
      自分が何をしたいかという明確な動機と要望を持っていることが大切です。
   自己PR
(4)質問は必ず用意する。

 

9.面接の極意

 

(1)面接になれるように
(2)名前と顔を覚えてもらうように
(3)礼状を書くように
(4)意中の企業の説明会は何度でも足を運ぶように
(5)必ず質問を用意するように
(6)積極的に自分をPRするように
(7)堂々と答えるように
(8)自分に自信を持って(マイナスからプラスへ)

 

10.自信を持って志望するために、再点検する事項

 

(1)業務内容が自分に合っているか。
(2)勤務条件は、他社と比べて納得が出来るものか。
(3)仕事の内容は社会に必要とされているか。

 

▲メニューに戻る


Copyright(c) 2012 WORKWORKとちぎ  All Rights Reserved.